飼い主さんの悩みを解消!愛犬がドッグフードを食べない理由とは?

飼い主さんの悩みを解消!愛犬がドッグフードを食べない理由とは?
   

犬の飼い主さんの悩みで多いのが、愛犬の食事事情。特に、「最近与えたご飯を食べなくなって困ってる」という声をよく耳にします。言葉が通じない犬と人間の関係において、愛犬がなぜご飯を食べなくなったのか、尋ねても答えは返ってきません。そこで、飼い主さんは考え得る原因を自身で探し、対策をとる必要があります。

よって、今回はそんな愛犬の食事事情に困っている飼い主さんのために、愛犬がごはんを食べなくなった際、その原因として考えられることをご紹介します。また、今回はごはんの中でも、飼い主さんの手作りご飯やおやつではなく、市販のドッグフードを食べない時の原因についてご紹介していきます。愛犬のご飯事情で困っている飼い主さん、また、これから犬の飼育を考えている方は必見ですよ!

   

まずは病気でないか、確認しましょう!

まずは病気でないか、確認しましょう!

あなたは愛犬のかかりつけ医を決めていますか?決めていなければ、この後すぐ近所の動物病院を調べてください。なぜなら、明らかな病気の症状がでていなくても、愛犬が病気にかかっている可能性はあるからです。

犬がご飯を急に食べなくなる場合も、病気が原因であることがあります。仮に下痢や嘔吐などの明確な症状を発症していなくても、実は胃腸炎の初期症状からご飯を食べなくなる場合もあります。よって、まずはあなたの愛犬が病気が原因で餌を食べなくなっているのではないか、病院で確認するようにしてください。

ただし、メス犬の場合ヒート(生理)の場合は食欲不振になることがあり、この場合はヒートが終われば食欲も回復します。また、ヒート中のメス犬の近くにいるオス犬も同時期に興奮からご飯を食べなくなるケースがあります。この場合は、時間の経過と共に解決しますので、飼い主さんがその時期をきちんと管理できていれば、病院につれていかなくても大丈夫ですよ。

手作りの餌とドッグフードと一緒に与えている

飼い主さん手作りの餌は食べるのに、市販のドッグフードは食べない…。そんな愛犬に困っている飼い主さん、実は愛犬が市販のドッグフードを食べないのは飼い主さんが手作りの餌を与えていることが原因である可能性が高いのです。

手作りの餌の大半は柔らかいものが多いでしょう。一方、ドッグフードはドライタイプで食感がカリカリと固いものが多いと思います。このように、柔らかいものと固いものを同時に与えている場合、犬は食感が固いものを敬遠する場合があります。また、人間の食事をそのまま餌として与えている場合、犬が手作りのご飯の味に慣れてしまい、ドッグフードを美味しくないと感じ、わがままから残している場合も多くあります。

食事の時間帯等によっては飼い主さんの手作りや人間の食事を与えて場合、一旦手作りのご飯を与えるのをやめてみましょう。このひと工夫だけでも、愛犬が再びドッグフードを食べるようになってくれるケースもありますよ!

ドッグフードを食べない理由①:フードの好みが変わった!?

例えば我々の人間の場合、毎朝コンビニで買うお茶の好みがその日の気分や天気によって変わることってありますよね。また、おやつとして食べているチョコレートの味も、子どもから大人になるにつれてミルクからダークを好むようになったりしませんか?このようにして、人間がその日の状態や年齢とともに好む味が変わるように、犬も嗜好するドッグフードの味が変わる場合がありませす。

事実、市販されているドッグフードは犬の成長過程別に販売されていますよね。もちろん、摂取すべき栄養素やその量が成長過程において異なることも起因していますが、味だって様々なドッグフードが存在しているのです。

そのため、愛犬がそれまで与えていたドッグフードを食べない状態が続いた場合は、一度ドッグフードの種類を変えてみましょう。

ドッグフードを食べない理由②:フードの保管状態は大丈夫?

次に、ドッグフードの保管状態を確認してください。人間だって開封して日が経ち、湿っているポテトチップスは食べたくないですよね。犬のドッグフードだって同じです。

ドッグフードは、開封した時から少しずつ劣化がはじまります。封を開けたままにして保管していれば当然湿ってきます。よって、ドッグフードの袋の封を毎回しっかりとクリップ等で閉じてください。また、より良いのは、封をしたドッグフードを密閉容器か密閉袋の中にいれて保管する方法です。飼い主さんの手間を少しとってしまうことになりますが、せっかく購入したドッグフードを少しでも長い間愛犬が美味しく食べてくれるよう、しっかりとドッグフードの保管はしてあげましょうね。

ドッグフードを食べない理由③:美食家になってしまったかも…

最後に、愛犬が市販のドッグフードを食べない理由として、愛犬が美食家になってしまったことが考えられます。例えば、人間の食事をご飯として与え続けていた場合や高級ペットフードをしばらくの間与えて続けていた後、安いドッグフードに切り替えた際にこの現象は見受けられます。

我々人間だって、高い国産牛の肉を食べ続けていたら海外産の安い肉が美味しくなく感じるように、犬だってその味覚で美味しい味は覚えるのです。この場合、飼い主さんは根気強く与えたいドッグフードを与え続けてください。与え続ければ、もうそのドッグフードしかでてこないのだと認識し、食べるようになるはずですよ!

   

ドッグフードを食べないときはしつけの方法を見直そう!

ドッグフードを食べないときはしつけの方法を見直そう!

さて、今回は犬が市販のドッグフードを食べない時に考えられる理由をご紹介していきました。いかがでしたでしょうか。

愛犬がドッグフードを食べなくなった場合の理由の多くは、飼い主さんのしつけと関係してくるものが多いです。よって、愛犬に甘く接してしまう飼い主さんの気持ちは十分理解できますが、愛犬の健康のためにも、愛情をもったしつけをしっかりとしていきましょう。それを続ければ、あなたの愛犬も再びドッグフードを食べるようになってくれるはずですよ!

また以下の記事も参考にしてみてくださいね!

「愛犬がドッグフードを食べない。そんなとき、飼い主ができる工夫とは?」

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


こちらの記事も合わせてどうぞ