犬の甘噛みする時期はいつまで続くの!?やめさせるにはどうすればいい?

犬の甘噛みする時期はいつまで続くの!?やめさせるにはどうすればいい?
   

あなたはペットを飼った経験がありますか?定番の犬や猫、小型で気軽に飼い始めやすいハムスターや小鳥など飼ったことがある人が多いのではないでしょうか?

本日はそんな定番のペットの中の犬についてお話していきます。この記事をお読みになっている人の中にも愛犬と一緒に暮らしているという人も多いのではないでしょうか?そんな愛犬の甘噛みに悩まされてはいませんか?

   

犬の甘噛みっていつまで?

犬の甘噛みっていつまで?

犬を飼ったことがある人は一度は経験しているであろう犬の甘噛み。子犬で歯がまだはえ揃っていない時期であれば、そんなに痛くなく、むしろ子犬のちょっとかわいらしい姿にきゅんと感じる人もいるかもしれません。ですが、愛犬によっては大きく成長してからもこの甘噛みが続くことがあり、しつけなどが大変だったりもしますよね!

そんな甘噛みですが、いったいいつまで続くのでしょうか?一般的には生後3〜4ヶ月ごろから甘噛みをはじめて、長く続くときで1〜2年続く可能性があるとも言われています。ここからは、犬がなんで甘噛みをするのかの理由を解説していきます。

犬の甘噛みがいつまで?その前に、なぜ甘噛みをするのか?

犬の甘噛みがいつまで?その前に、なぜ甘噛みをするのか?

先ほど犬の甘噛みの時期についてお話しましたが、これはちゃんとした訳があります。では犬が甘噛みをする理由を1つずつ見ていきましょう!

1. 歯が生え変わるタイミングが痒くてたまらないから甘噛みをする!

一般的にこれが原因であることが多いですね。犬の歯が生え変わるタイミングは非常にかゆいと感じます。そのためそのかゆさを和らげるために甘噛みをするといわれています。

犬の歯が生え変わる時期が、一般的には生後3週間からだいたい7〜8ヶ月ごろまでと言われているため、ちょうど甘噛みとする時期に含まれていますね。特にこの生え変わりのかゆさのピークが生後3〜4ヶ月ごろからと言われているので、甘噛みの開始時期も同様に生後3〜4ヶ月ごろとなっています。

2. 厳しい自然を生きてきた証!本能的に甘噛みをしている!

飼ったばかりは小さな子犬なため、なかなか飼い主さんはイメージ出来ないかもしれませんが、犬は本来はオオカミと同様に狩猟動物です。そのため厳しい自然の世界を行く抜くための狩猟本能がそなわっており、そのため本能的に甘噛みをしているケースがあります。

この場合は年齢関係なく噛んでしまうため、噛み癖となる可能性があります。

3. 噛むことが楽しい!好奇心で甘噛みをしている!

子犬は特にそうですが、なんでも口にいれて噛みたがります。ですがそれは食べたいのではなく、口にいれて噛むことによってそのものの味や形、素材などを確かめようとします。

そのため、一般的に愛犬の好奇心は3歳くらいまで続くと言われているので、この好奇心が旺盛な愛犬の飼い主の方は、犬が触れられるところに甘噛みされたら困るようなものは置かないようにしましょう。

4. 飼い主さんの反応が楽しい!かまってほしいから甘噛みしている!

子犬の甘噛みの理由としてこの「飼い主にかまってほしいから甘噛みしている」というのもあります。子犬に甘噛みされた際に、声を上げたりなにか反応してしまいますよね?子犬にとってこれはかまってもらっていると感じてしまうことがあるのです。そのため、飼い主にかまってほしい時に甘噛みするようになってしまうケースもあります。

   

犬の甘噛みどうやってしつけるの?その方法は?

犬の甘噛みどうやってしつけるの?その方法は?

子犬の頃の甘噛みなんで歯がはえ揃っていなかったり、そもそも噛む力が弱かったりして、飼い主さんもあまり痛さを感じないかもしれませんが、だんだんと成長していくにつれて、噛む力が強くなり、場合に寄っては病院に行かなくてはならない事態になることも考えられます。

そのため、子犬の甘噛みは適切な方法でしつけをして、噛み癖をもたないようにする必要があります。適切なしつけの時期は甘噛みをしているときとされていて、甘噛みをした際にしつけを行うという方法が非常に効果的です。簡単にその方法について解説していきます。

1. 愛犬噛まれても反応しない!甘噛みを無視する!

まず効果的な方法なのがこちらの甘噛みを無視することです。これによって飼い主の反応を楽しんでいた愛犬は甘噛みしても反応が返ってこないことを知るため、甘噛みをしなくなります。

2. 愛犬が甘噛みしたらしかる!

この方法も愛犬の甘噛みを辞めさせる効果的な方法といえます。愛犬に甘噛みされたらとにかくしかってください。これによって愛犬は甘噛みをすることで飼い主にしかられることを知るため、甘噛みをしなくなります。

愛犬の甘噛みはいったいいつまで続くの?

いかがでしたでしょうか?犬の甘噛みは一般的にははじめにお話した通りに、生後3〜4が月からはじまり、長くて1〜2年続きます。ですが、適切な時期に甘噛みを辞めさせるしつけをしないと、成犬になっても噛み癖として残ってしまう可能性があります。なので、できるだけ早い時期に甘噛みを辞めさせるしつけをし始めてくださいね!

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


こちらの記事も合わせてどうぞ