成犬でも甘噛みする理由とは?やめさせるためのしつけと子犬との違い!

成犬でも甘噛みする理由とは?やめさせるためのしつけと子犬との違い!
   

ペットとして犬を飼っている人は多いのではないでしょうか?犬は猫と同様ペットとして非常に人気があります。あなたの周囲の友達でも頻繁にSNSに愛犬の画像を投稿している人も多いのではないでしょうか?

そんな愛犬ですが、成犬になっても甘噛みが終わらない、と悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はそんな犬の甘噛みについてお話してきます。犬を飼っている人も飼っていない人も、ぜひ一度読んでみてください!

   

成犬の甘噛みとは?子犬の甘噛みとの違い!

成犬の甘噛みとは?子犬の甘噛みとの違い!

甘噛みは一般的には子犬が行うことです。飼い主にかまってほしいという気持ちのあらわれではありますが、他にもさまざまな理由あります。

もともとこの甘噛みをする時期は、子犬の歯がはえ揃うまでとされています。実は歯がはえ変わるもの時期は、子犬にとって非常に痒く感じます。そのため、その痒さを紛らわそうとして、甘噛みをするのです。

それはおもちゃであったり、また人形であったり噛む対象は千差万別。飼い主さんに甘噛みすることも非常に一般的です。つまり基本的には歯がはえ揃ったら甘噛みはなくなるはずなのです。

なので成犬で甘噛みが続いているというということは、他に原因があると考えられますね!その他の原因とはなんなのでしょうか?もしかしたらストレスを抱えているのかも?!

では成犬で甘噛みをしているのはなぜなのでしょうか?

成犬で甘噛みする理由としてはいくつか考えられます。ここから主に考えられる原因について説明していきます。愛犬にはどれが当てはまるかを考えながら読んでみてくださいね!

成犬の甘噛み①:狩猟本能によるもの

成犬の甘噛み①:狩猟本能によるもの

まず考えられるのがこの動物としての本能によって甘噛みをしているです。もともと自然界の中では、犬は生きるために狩りをしていました。これがペットになったいま、薄れてはいると思いますが、中にはまだ根強く残っている種類もいます。

そのため、物をとにかく噛んでしまうという習性が成犬の甘噛みを生み出していることがあります。

成犬の甘噛み②:甘えている

成犬の甘噛み②:甘えている

これは非常に良くあるケースです。飼い主さんに甘えるために甘噛みをしているパターンですね。この場合は、子犬の時の経験から甘噛みをしていることが多いです。

先ほど説明した通り、子犬は歯のはえ変わりの際に痒いと感じるために甘噛みをします。その際に飼い主にかまってもらえることを学習した場合、成犬になっても飼い主にかまってほしい時に甘噛みをします。

子犬の甘噛みは、まだ力も弱く、歯もはえていないこともあるため特に痛みなどは感じなかったかもしれませんが、成犬の甘噛みは痛いことが多いです。時には大きな怪我につながることもあります。

そのため成犬の甘噛みを辞めさせるために、しっかりとしつけをする必要があります。噛み癖として残ってしまわないように、子犬のころからちゃんとしつけてくださいね。

成犬の甘噛み③:上下関係を確認している

成犬の甘噛みにはこの上下関係を確認するという意味もあります。これは飼い主さんと自分の関係を確認するという意味です。

もともと犬同士でも甘噛みをすることが多いと言われています。その際には、犬同士どちらが上の立場を認識するためにしているのです。基本的に飼い主が犬にとっては上である必要があるため、甘噛みされた場合はしかるなどしてしつけをしてくださいね。

成犬の甘噛み④:遊んでいる

成犬の甘噛み④:遊んでいる

甘噛みを遊びと考えている場合もあります。ペットとして飼われている犬は、自分自身が犬に噛まれる体験に乏しいため、人間が自分に噛まれると痛いと思うことがわからないことが多いです。

そのため、成犬になっても甘噛みを続けてしまうことがあります。これもしつけが必要です。しっかりと叱ってくださいね。

成犬の甘噛み⑤:ストレスを感じている

ストレスによって、犬は吠えたり、甘噛みしたりします。この場合は、何が愛犬のストレスの原因となっているかをしっかりと考えていく必要があります。

動物にとってストレスは、体調不良や病気などのトラブルを引き起こすため、ストレスを感じさせないようにする必要があります

   

成犬の甘噛みはしつけが必要!

今回は一般的には子犬がするとされている甘噛みを成犬になっても辞められない理由についてお話していきました。いかがでしたでしょうか?

愛犬に当てはまりそうな理由はありましたか?甘噛みは甘えであったり、ストレスであったり、ただ楽しんでしているだけな場合もあります。いずれも成犬になったら甘噛みでも飼い主にとっては痛いと感じることもあるでしょう。また外で散歩している際に、知らない人へいきなり噛み付くなんでこともあるかもしれません。

そんなトラブルにならないように、子犬のうちからしっかりとしつけをしてください。成犬になって噛み癖になってしまうと、なかなか辞めさせられなくなってしまいます。ちゃんととしつけをして、成犬には甘噛みを辞めさせましょう!

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


こちらの記事も合わせてどうぞ