文鳥の飼い方は温度管理が重要!保温飼育の必要性をお伝えします!

文鳥の飼い方は温度管理が重要!保温飼育の必要性をお伝えします!
   

日本ではペットとして小鳥を飼育することが古くから行われてきました。最近ではセキセイインコなどのインコ類が人気ですが、手頃な値段で購入することが可能な文鳥もよく飼育されています。

以下の記事でもお伝えしていますが、文鳥は人に懐きやすい性格をしており、初心者でも飼育しやすいのが特徴です。

「文鳥の雛の飼い方はどうする?手のり文鳥の育て方のコツをご紹介!」

特に文鳥は「手乗り文鳥」と呼ばれるようにヒナの頃から上手に飼育すれば飼い主さんのことを自分の親鳥だと認識して、一生懐いてくれるほどなんですよ。そのため日本では老若男女問わず文鳥はペット人気が高くなってきています。

このように良い所ばかりあるように見える文鳥ですが、一つだけ飼育していく上で重要なポイントがあります。それは飼育環境の温度管理です。文鳥は日本の冬の寒さに弱く、しっかり保温をしてあげなければ、最悪の場合死んでしまうことだってあります。

しかし、多くの文鳥の飼い主さんは文鳥飼育における適切な温度管理の基準や保温方法をしっかりと理解している方は多いようです。またこれから文鳥を飼育しようと考えている方にとっては不安なポイントですよね。

そこで今回は文鳥の飼い方について、特に飼育環境の適切な温度管理ややおすすめの保温方法について、情報をまとめてご紹介していきます。是非、参考にしてみてくださいね。

   

文鳥の飼育温度は何度で管理すべき?

文鳥の飼育温度は何度で管理すべき?

まずは文鳥を飼育していく上で、飼育環境を何度に保つのが良いのかについてお伝えすていきます。自然界において文鳥は春に活発に行動をとり、この時期に繁殖期がやってきます。逆に秋になると冬越えの準備を始めて冬の到来に備えます。基本的には自然界においても暖かい季節でなければ活発に行動しないようですよ。

もし文鳥を自宅でペットとして飼育するのであれば、文鳥を飼育しているゲージの飼育温度は20度~25度で管理してあげるのが理想です。これは文鳥がもっとも活発に活動する春の季節の日中温度程度です。

文鳥は暑さには強いですが、寒さはすこぶる苦手なようです。特に文鳥のヒナの場合にはより高い温度が求められるので、温度管理に気をつけて飼育を進めていきましょうね。

季節で考える文鳥の温度管理方法

ここでは季節別にどのように文鳥の飼育温度を管理していくかについてお伝えします。是非参考にしてみてくださいね。

春の時期の文鳥の温度管理はどうする?

春に気をつけるべきことは朝と夜の温度の寒暖差です。日中の温度は20度を超えて適正温度になることが多いですが、日によっては夜に10度前後という寒い温度になってしまいますので、何も対策しないということは難しいです。

基本的には保温用のヒーターはつけておいてあげることが望ましいです。また夜は飼育かごに毛布をかけてあげることもおすすめですよ。

夏場の文鳥の温度管おに理は、室温が上がり過ぎないようにする

文鳥は暑さには強いですが、それでも30度を超えてくると高くなり過ぎですので注意が必要です。基本的には27度前後くらいの温度をキープするために冷房が入った部屋で温度管理を行うことが望ましいです。

この時に直接冷房の風が当たったり、逆に夏の直射日光が当たる場所には飼育ケースを置かないようにしましょうね。

秋の時期の温度管理は春と基本と的には同じ

秋の時期も基本的には温度の寒暖差が大きくなるので注意が必要です。特に9月くらいは後半でも猛暑日になることもありますし、10月に入ってくるといきなり真冬日のような温度に変わったりしますので注意しましょうね。

冬の文鳥飼育は温度管理を徹底する

この時期の保温はしっかりとした管理が求められてきます。エアコンに加えて飼育ケース内ではヒーターを利用することで上手に温度管理を行うことが可能ですよ。また夜には飼育かごに毛布などの保温用のカバーをかけてあげるのが望ましいですよ。

とにかく飼育温度が10度を超えないように気をつけましょうね。

   

文鳥の保温におすすめのヒーターは何?保湿器具も併せて準備しよう!

文鳥の保温におすすめのヒーターは何?保湿器具も併せて準備しよう!

文鳥の保温におすすめなのが、ひよこ電球です。これは熱を出しながら光は出さないので、飼い主さんとしても睡眠時に影響がないのでおすすめです。基本的に保温はひよこ電球に、保温用カーペットがあれば十分です。

また文鳥は保温と併せて保湿を行うことも重要です。暑さもそうですが乾燥にも弱いのでっ注意が必要です。水遊び用の水場を必ず用意し、1日1回こまめに水を新しいものに変えてあげましょうね。夏場は気穂的には1日2回くらい変えてあげるのがおすすめですよ。

文鳥の飼い方のポイントは保温・保湿管理です!

いかがだったでしょうか?
今回は文鳥の飼い方の中でも、特に温度管理についてお伝えしてきました。文鳥は暑さと乾燥に弱い生き物ですので十分に注意して飼育しましょうね。文鳥は飼い方さえ知っていれば、初心者でも簡単に飼育出来ますのでおすすめですよ。

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


こちらの記事も合わせてどうぞ