ミニブタの餌ってなにがいいの?エサの種類や量・回数、餌代まで!

ミニブタの餌ってなにがいいの?エサの種類や量・回数、餌代まで!
   

海外のセレブや日本の有名人が最近飼い始めていることから密かにペットブームとなっているミニブタ。ミニブタとは通常のブタと比べてサイズが小さく、小柄なのが特徴です。ネガティブなイメージが強いブタですが、ミニブタは非常に綺麗好きで賢いため、ペッットとしての飼いやすさも抜群なんです。

ですが、そんなミニブタを飼った際にどんな餌を与えたらいいのでしょうか?他の動物と同様に食べさせたらいけない食べ物ってあるのでしょうか?今回はミニブタの餌についてお話していきます。

   

ミニブタの餌。迷ったらまずはペットショップと同じ物を!

ミニブタの餌。迷ったらまずはペットショップと同じ物を!

まずはミニブタの餌として、一般的には何を与えたら良いのかをお話していきます。

ミニブタを飼い始めた際には、基本的には購入したペットショップで与えていた餌を引き継ぐのがよいでしょう。ミニブタをペットショップから自宅へ迎える際には、事前にペットショップの担当の人に、どんな餌を与えていたかを確認するようにしてくださいね。これはどんなペットにも当てはまることです。

動物は環境の変化によって受けるストレスが非常に高いです。そのため、実際にペットショップで購入して自宅で飼い始めた際には、大きなストレスを与えることになります。

ストレスは体調不良や病気を引き起こす原因にもなりえるため、はじめのころはなるべく以前に飼われていた環境に近いものを与えていくほうが一般的には良いと言われています。そのため、餌はそのまま同じ物を与える方がよいでしょう。

とはいえ同じ餌をずっと購入できる分けでもありませんし、いつかは切り替えるタイミングがあると思います。そんな際にはどんな餌を与えれば良いのでしょうか?

ミニブタってどんな餌を食べるの?餌の種類は?

では、ミニブタに餌をして与えるべきものはなんでしょう?まずミニブタは生後3週間程度までは固形の餌ではなく、ミルクを飲んで育っていきます。その後固形の餌へシフトしていきます。

では、固形の餌を食べるようになったミニブタの主食とされているものから解説していきましょう。ミニブタやブタは草食よりの雑食動物とされているため、まずは牧草や野菜、果実や穀物が主食とされています。

野菜のなかでも葉っぱ類や、根っこ類のものが良いといわれています。これらの餌の種類で栄養のバランスを考えて与えていくのがよいです。

また、ミニブタ専用のペレットが存在していて、これにはミニブタに必要な栄養素がふんだんに含まれているので、何をあげて良いか悩んだ際にはこのミニブタ専用のペレットを与えるのがよいです。

ブタといえば、なんでもかんでももりもり食べるイメージが強い人も多いのではないでしょうか?でも中には与えてはいけないものもありますので気をつけてくださいね。

   

ミニブタに餌として与えてはいけないものって?

ミニブタに餌として与えてはいけないものって?

ミニブタの主な餌についてお話していきましたが、一方でミニブタに与えてはいけない餌はなんでしょうか?猫や犬などの一般的なペットと同様ですが次のような食べ物があげられます。

  • チョコレート
  • タマネギ
  • 青いトマト

これらは中毒性が高いとされていて、他のペットにも与えてはいけません。ミニブタが誤って食べないように日頃から気をつけてくださいね。

ミニブタの餌代は?餌の量ってどれくらい?

犬や猫を飼う際にも餌代や餌の量は気になるかと思います。ミニブタの場合は、ペットのミニブタの体調を確認しながら、与える餌の量を決めていくという方法で問題ないと思います。

ミニブタは動物の中でも比較的よく食べる方ですし、外で拾い食いもします。そのため肥満になりやすく、また生活週間病にもかかりやすいと言われています。なので、与える餌の量や種類はミニブタの体調と相談しながら決めてくださいね。

ミニブタに適切な餌を与えて健康管理を

今回はミニブタをペットとして自宅に迎えるにあたって、与えるべき餌の種類と餌の量についてお話していきました。ミニブタといえども、成長していくに連れて身体が大きくなり、大人になると50キロくらいまでに成長していきます。また個体によっては100キロまで成長するミニブタもいるとのこと。

しっかりと健康管理をしてあげて、肥満なミニブタにさせないようにするのが飼い主さんの仕事です。普段と違った点がないか、違和感がなかはきちんと観察してくださいね。

すでにミニブタを飼っている人も、これからミニブタを飼いたいと言う人も、ぜひとも参考にしてくださいね!

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


こちらの記事も合わせてどうぞ