値段別で見る!ペットにおすすめの爬虫類の種類まとめ!

値段別で見る!ペットにおすすめの爬虫類の種類まとめ!
   

最近、ペットとして爬虫類の購入を検討している方が増えています。その際に決め手のなるのが価格である場合が意外と多いようです。たしかにペットショップで売られている爬虫類の販売価格は数千円から、時には数十万を超えるような動物もいたりしますのでかなり迷いますよね。

そこで今回は価格別で、オススメのペットとして飼育可能な爬虫類を紹介していきます。是非参考にしてくださいね。

   

値段が1万円以下に抑えたい場合におすすめなのはこの3種

なかなか予算はないけど、1万円以下に抑えたいという方には下記の3種類がおすすめです。

  • ミシシッピニオイガメ
  • グリーンイグアナ
  • コーンスネーク

ここでは、それぞれの詳細をお伝えしていきます

水棲のカメの中でも、小型な「ミシシッピニオイガメ」は飼育しやすくおすすめです

水棲のカメの中でも、小型な「ミシシッピニオイガメ」は飼育しやすくおすすめです
photo by nao_poly   /   embedded from Instagram

カメは爬虫類の中でも人気のペットです。大きく分けると水棲のカメとリクガメに分かれますが、1万円以下で購入出来るのは水棲のカメに限定されます。リクガメは安価な値段でも1万円以上してしまいます。

1万円以下で購入可能なカメの中で、初心者でも飼育しやすくおすすめなのが、ミシシッピニオイガメです。値段は約3000円~5000円くらいです。

水棲のカメは基本的に大きく成長してしまい少なくとも20cmを超えてくるのですが、ミシシッピニオイガメが生体になっても10cm程度とかなり小型です。そのため家の中に60cm程度の水槽があれば十分に飼育出来ますのでオススメですよ。水の管理を気をつけなければ悪臭の元になってしまいますが、そこまで手はかかりませんよ。

水棲ガメの臭いが気になる方は餌として、「GEX カメ元気 プロバイオフード 65g」を与えるのもおすすめの匂い対策です。餌に匂い対策成分が含まれておりますので、水棲ガメの匂いが気になる方へはおすすめの商品ですよ。

また、飼育しやすい順にカメを見たいという方は、「【初心者必見!】飼育のしやすい亀の種類はどれかを徹底検証!」もご確認してくださいね。

恐竜に近いトカゲである「グリーンイグアナ」も手の届きやすい値段です

恐竜に近いトカゲである「グリーンイグアナ」も手の届きやすい値段です

トカゲは平均的には1~2万円の個体が多いのですが、1万円以下で購入をしたい場合にはグリーンイグアナがオススメです。サイズによっても異なるのですが、販売価格は3000円~1万円以内であることがほとんどです。

かなりの大型サイズにまで成長するグリーンイグアナですが、日本においては繁殖が確立され、流通量も多いことから比較的安価になっているようです。

飼育スペースを最終的に大きく使うため、ケージなどに費用がかかる場合もありますが、そこさえクリア出来るのであればコスパはかなり高いですよ。

イグアナを飼育方法は「【初心者必見!】ペットのイグアナの正しい飼い方をまとめて紹介!」で詳しくご紹介しておりますので、イグアナの飼育に興味のある方はこちらも併せてご確認くださいね。

ヘビも小型の種類「コーンスネーク」を狙えば、販売価格1万円以下で購入可能です

ヘビも小型の種類「コーンスネーク」を狙えば、販売価格1万円以下で購入可能です

実はヘビも小型種を狙えば十分に1万円以下の予算で購入可能です。特に一番人気であるコーンスネークは模様が珍しいものでなければ、3000円~8000円以内の値段で購入出来るようです。

コーンスネークは人になつきやすく、ハンドリングも容易に行いやすいので十分に楽しめますよ!

販売価格が1~5万円以内であれば人気のペットを購入出来ます

もし予算が5万円くらいまでなら準備が出来るという場合は、かなり様々な選択肢を持つことが可能です。ここでは人気が高い3種をご紹介したいと思います。

  • ヘルマンリクガメ
  • フトアゴヒゲトカゲ
  • ボールパイソン

では、5万円以内の値段で買える爬虫類のペットを見ていきましょう!

予算1~2万円で人気の「ヘルマンリクガメ」に手が出せます

予算1~2万円で人気の「ヘルマンリクガメ」に手が出せます
photo by miyu.sugimoto   /   embedded from Instagram

1万円~2万円の予算があれば、人気のペットであるリクガメを購入出来るようになります。予算が5万円の場合は2~3匹を購入することも出来ますね。

リクガメは基本的に草食であるので、安全に飼育が可能です。餌もキャベツは葉物の野菜を与えておけば問題ありませんよ。

またリクガメは人に懐く生き物と言われております。亀以外にも人に懐く爬虫類を知りたい方は「爬虫類の中でも人になつくペットにおすすめの種類はコレだ!」も併せてご確認してくださいね。

「フトアゴヒゲトカゲ」も予算が3万円あれば充分に狙えます

「フトアゴヒゲトカゲ」も予算が3万円あれば充分に狙えます

この種類は見た目は攻撃的ですが、非常に温和なトカゲです。販売価格は約1~3万円の範囲でおさまります。また飼育にかかる器材などはすべてあわせるとおおよそ3万円くらい費用がかかりますので、生体を選べば5万円で生体から必要な資材まで取り揃えることが可能です。

トカゲの入門種としても飼育可能ですので、一度検討するのも良いかもしれませんね。

エサ代などの維持費がかからない「ボールパイソン」はかなりおすすめです

エサ代などの維持費がかからない「ボールパイソン」はかなりおすすめです
photo by ryusei__0102   /   embedded from Instagram

多くの1万円~3万円であり、希少価値の高い模様をしている個体は数十万円の値段がつくようです。ボールパイソンはかなり臆病な性格で、狭いスペースでも飼育可能ですので、かなり飼育しやすいヘビですよ。

維持費も保温用のヒーターがほとんどを占めるので、あまり費用がかからずに長く飼育出来るのもポイントですね。

保温ヒーターの中でもおすすめのタイプが「暖突」になります。こちらは天井から温めることのできるタイプですので、地面を這うヘビでも火傷してしまう心配がございません。また保温球よりも消費電力を1/3程度に抑えられるので、お財布にも優しくおすすめですよ。

   

5万円以上あれば、憧れの爬虫類をペットとして飼育出来ますよ

最後に、販売価格が5万円以上する高価な値段がつけられたペットを紹介していきます。将来的には貴重な爬虫類も飼育してみたいですね。

  • ケヅメリクガメ
  • アルマジロトカゲ
  • パーソンカメレオン

では、そんな貴重な爬虫類たちの詳細を見ていきましょう!

世界で3番目に大きいリクガメである「ケヅメリクガメ」を飼ってみませんか?

世界で3番目に大きいリクガメである「ケヅメリクガメ」を飼ってみませんか?

世界で3番目に大きいケヅメリクガメ。価格は5万円以上からが相場です。大きさは1mを超えるのでかなり大型です。ケージでの飼育は基本的に不可能ですので、室内か屋外で放し飼いが一般的です。

大きいペットにはやはり憧れますね。

数十万を超える「アルマジロトカゲ」は憧れの存在

数十万を超える「アルマジロトカゲ」は憧れの存在
photo by emiminmixxx   /   embedded from Instagram

販売価格が30万円を超えているアルマジロトカゲですが、その見た目から高い人気を誇っています。一度は飼育してみたいトカゲです。

たまに格安な値段で販売していることもありますが、ほぼ密輸個体であるので気をつけてください。あなたも密輸罪で逮捕されてしまいますよ。

カメレオンの王様である「パーソンカメレオン」を一度は飼育してみたい

カメレオンの王様である「パーソンカメレオン」を一度は飼育してみたい
photo by yamaei0329   /   embedded from Instagram

カメレオンの王様や巨人と言われるパーソンカメレオンは、爬虫類愛好家の中では一度は憧れる動物です。値段は10万円以上を超えるのが普通です。

初心者向けのペットではないですが、一度は飼育してみたい羨望の的ですね。

値段に関らず、爬虫類をペットとして飼うには最後まで面倒を見る覚悟が必要

いかがだったでしょうか?人によってペットにかける予算は様々ですが、それぞれの価格帯でおすすめの種類はちゃんといるので安心してくださいね。

また値段に関らず、爬虫類は基本的に数年から数十年生きる個体もいます。安価だったから適当でいいや、高価だったから大切に育てようということではなく、値段に関係なく愛情を持って飼育してあげてくださいね。

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


こちらの記事も合わせてどうぞ