猫が威嚇をしないように育てたい!しつけのコツや対策方法をまとめてご紹介!

猫が威嚇をしないように育てたい!しつけのコツや対策方法をまとめてご紹介!
   

猫を飼育している方の中には、猫の威嚇に手を焼いている方もいらっしゃるかと思います。なんとか猫が威嚇しないように対応できないものでしょうか。

猫が威嚇しないようにするためには、大きく2つの方法があります。

1つは猫が威嚇する状況を排除する方法、もう1つは猫が威嚇しないようにしつる方法です。

そこで、猫が威嚇しないようにさせるポイントをわかりやすくご紹介していきたいと思います。また猫が子供や新居猫に威嚇しないようにする対策も併せてご紹介していきます。

   

1. 猫が威嚇しないようにする環境づくり

1. 猫が威嚇しないようにする環境づくり

猫は威嚇する原因がなければ、もちろん威嚇しないですよね。飼い主さんの日常生活の中でもふとしたきっかけで猫を怒らせる原因を作ってしまっているのかもしれません。

猫が威嚇する原因は様々ですが、代表的な原因は、猫が知らない人や動物を見て警戒いている時です。それ以外にも、撫でられたくない時にしつこく触られたりですとか、飼い主さんが爪をたたせて猫に触れると猫が威嚇する原因になってしまいます。

このように猫が威嚇する原因をしっかりと把握して対処していくことで、猫は威嚇しないように飼育できます。

なお、猫が威嚇してしまう時の原因は、『威嚇した猫の鳴き声やポーズはどんな感じ?「シャー」から猫の気持ちを察しよう!』に威嚇時の鳴き声やポーズも含めて詳しくご紹介しておりますので、ぜひこちらも併せてご確認してくださいね。

2. 猫が威嚇しないように育てる方法

2. 猫が威嚇しないように育てる方法

猫は威嚇しないようにしつけをすることができます。あまりにも猫の威嚇がひどいと、猫を家庭内で飼育していくにも不都合が生じてしまいますよね。

子猫のうちからしっかりと威嚇しないように育てていくことをおすすめいたします。

但し、野良猫を拾ってきた場合はかなり警戒心が強くなっておりますので、威嚇しないようになるまで時間がかかってしまうものです。野良猫をペットとして飼育する場合はこのことも留意してくださいね。

2-1. 無視する

猫が威嚇している時に無闇に撫でてあやそうとすると、猫の威嚇がますますエスカレートしてしまう可能性があります。

猫が威嚇しないようにしつける方法として有名な方法が、猫が威嚇してきたら無視することです。猫は威嚇することで相手をビビらせて怖気付かせようとしております。

「そんな脅しなんて通じないし、見向きもしませんよ!」と念じながら猫を無視すれば、猫も威嚇しても意味ないじゃん!と諦めて威嚇しないようになります。

この方法は猫を刺激しないで威嚇をやめさせることができますので、おすすめの方法ですよ。

2-2. 驚かす

猫が威嚇しないようにしつける方法として、威嚇してきた猫を驚かせる方法もあります。こちらは多少強引なやり方になりますが、上の方法で改善されないようでしたらこちらの方法も試してみてください。

驚かせる方法としては、大きな声で叫んだり、手を叩いたりする方法が一般的です。さらに効果を上げるためには霧吹きで水をかける方法も有力です。
こうすることで猫は飼い主さんのことを格上として認識して、威嚇しないようになります。

自然界の生物にとって、格上の動物に喧嘩を売ることはまず有り得ませんよね。そうした猫の本能を呼び覚ましてあげることで、猫が威嚇しないようにしつけていきましょう。

   

3. 子供や同居猫に威嚇しないようにする対策

3. 子供や同居猫に威嚇しないようにする対策

上の方法で猫が威嚇しないようにある程度は育てることはできますが、それでも猫が威嚇することはあります。

飼い主さんに威嚇する分には無視したり驚かせる方法で対処できますが、小さな子供や同居猫に威嚇している場合は状況が異なります。

そこでこのような場合に猫が威嚇しないようにできるのかを考えていきましょう。

3-1. 子供へ威嚇

猫が子供へ威嚇することは多々ありますよね。その場合、子供が原因で猫を威嚇させてしまっているケースが多いです。

特に小さな子供は猫が怒る原因を説明しても、なかなか理解できずに猫を怒らせてしまいがちです。また赤ちゃんなどは泣き声で猫を不機嫌にさせてしまっているケースもあります。

このような状況下では、まずは猫が自分だけになれるスペースを確保してあげましょう。猫が嫌がっている時に逃げ場所を用意することで、猫が威嚇しないようになるケースもありますよ。

3-2. 猫同士で威嚇

猫同士を同じ環境で飼育すると猫が威嚇するケースはよくあります。

猫には縄張り意識がございますので、威嚇しないようになるまでには時間がかかるかもしれません。猫同士が喧嘩を始めてしまう場合、まずは猫を別々のお部屋へ引き離してあげましょう。

その際は必ず新しく家に来た猫の方を別のお部屋に移すようにしましょう。先住猫を別のお部屋に移してしまうと大変不機嫌になってしまう可能性がありますので、ぜひ気をつけてくださいね。

猫同士がストレスのかからない状況を作って上げることで、少しずつお互いの存在を認め合っていき、猫が威嚇しないようになっていきますよ。

また猫同士の威嚇の対処方法や、威嚇しない組み合わせは『なぜ猫同士で威嚇するの?ケンカする場合に飼い主さんがとるべき行動は?』で詳しくご紹介しておりますので、ぜひこちらも併せてご確認してくださいね。

猫が威嚇しないように育てていこう!

いかがでしたでしょうか。猫が威嚇しないようにしつける方法はご確認いただけましたでしょうか。

猫が威嚇した場合は、まずは猫を無視してみましょう。それでも効果がなけれ猫を驚かしたりして、飼い主さんが格上ということを猫に認めさせていくことが大切なコツです。

また猫は赤ちゃんや新居猫が家に来た時は警戒して威嚇しやすくなります。状況に応じて飼い主さんがしっかりと間を取ってあげましょうね。

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


こちらの記事も合わせてどうぞ