文鳥の鳴き声の大きさってどれくらい?おすすめの防音対策を総まとめ!

文鳥の鳴き声の大きさってどれくらい?おすすめの防音対策を総まとめ!
   

文鳥をペットとして飼育している方にとって、文鳥の鳴き声が近所迷惑になっていないか気にしている方もいらっしゃいますよね。

特にマンションやアパートに住んでいらっしゃる場合は気になるポイントかと思います。

そこで文鳥の鳴き声の大きさがどのくらい近所に響いてしまうのかを考えていこうと思います。また文鳥の鳴き声が気になる場合におすすめの対策方法も併せてご紹介していきますので、文鳥を飼育している方は是非確認してくださいね!

   

1. 文鳥の鳴き声の大きさってどれくらいなの?

1. 文鳥の鳴き声の大きさってどれくらいなの?

そもそも文鳥の鳴き声の大きさってどれくらいなのでしょうか?文鳥の鳴き声の大きさの目安がわかれば、近所迷惑になってしまっているか判断して対策もとりやすくなりますよね。

そこで、まずは文鳥の鳴き声の大きさを確認していきましょう。

1-1. 文鳥の鳴き声の大きさはすずめの鳴き声と同じ程度

文鳥の鳴き声が気になるといえど、文鳥は小鳥であることに変わりありません。文鳥の体は小さいですので、同じくらいの大きさの小鳥の鳴き声と比較してみると、文鳥の鳴き声の大きさを把握しやすいかと思います。

そこで誰にも馴染みのあるスズメを思い浮かべて見ましょう。

すずめが朝に「チュンチュン」と鳴いている姿を思い出してください。文鳥の鳴き声の大きさはそのすずめの鳴き声と同じくらいになりますよ。

1-2. 文鳥の鳴き声の大きさは近所迷惑になるの?

文鳥の鳴き声が近所迷惑になるかどうかは、その家の防音対策の状況によって変わってきてしまいます。

防音対策がしっかりと取られているマンションの場合は心配する必要はあまりありませんが、壁の薄いアパートに住んでいる場合は隣の家に響いているかもしれません。

そこで文鳥の鳴き声対策は飼い主さんが住んでいるお家によって必要有無も異なってきますよ。

1-3. 文鳥の鳴き声対策の必要性はどうやって判断すればいいの

文鳥の鳴き声が近所迷惑になってしまっているか否かの判断基準はどのように見ていけば良いのでしょうか。判断基準としては、文鳥と同じくらいの鳴き声の大きさであるすずめの鳴き声を参考にされると良いかと思います。

普段家の中で生活していて、すずめの鳴き声が全く聞こえないという場合は、お家の防音対策がしっかりと取られておりますので、文鳥の鳴き声が近所に響いてしまっている可能性は低いと言えます。

反対にすずめの鳴き声が家の中までかなり響いてしまっている場合は、残念ながらお家の防音対策が弱い可能性がありますので、文鳥の鳴き声対策を講じた方が良いかもしれませんね。

2. 文鳥の鳴き声の大きさが気になる方におすすめな防音対策

2. 文鳥の鳴き声の大きさが気になる方におすすめな防音対策

すずめの鳴き声が家の中まで響いてしまっている方は、文鳥の鳴き声対策をした方がいいということがわかりましたね。

このような飼い主さんは具体的にどのような対策を講じるのがよいのでしょうか。そこで文鳥の鳴き声対策としておすすめの方法をご紹介していきたいと思います。

2-1. 文鳥のゲージをアクリルで囲ってあげる

文鳥の鳴き声対策としてまずおすすめな方法が、文鳥の飼育カゴの周りをアクリルケースで囲ってあげる方法です。文鳥のゲージをアクリルケースで囲ってあげることでかなりの消音効果が期待できます。

またアクリルケースには保温効果もありますので、文鳥の飼育カゴの温度管理にも大変おすすめです。文鳥はもともと気温の高い地域に生息している小鳥です。

アクリルケースで囲ってあげて保温対策も一緒にしてあげれば、文鳥もきっと喜んでくれて一石二鳥ですね。

文鳥の鳴き声対策用のアクリルゲージとしてとくにおすすめの商品がこちら「アクリルバードケージ スリムタイプ」になります。この商品は鳥かご専用に開発されていることはもちろんのこと、アクリルの幅を5㎜と大きめにとっていることで充分な防音対策が期待できます。

また、お写真を見ていただくとわかるかと思いますが、アクリルは完全な透明色になりますので、文鳥とのコミュニケーションにも全く問題ありません。防音対策として大変おすすめの商品になりますのでぜひチェックして見てくださいね。

また文鳥の保温対策の必要性に関しては「文鳥の飼い方は温度管理が重要!保温飼育の必要性をお伝えします!」で詳しくご紹介しておりますので、こちらもぜひ併せてご確認してくださいね!

2-2. 夜間は文鳥の飼育カゴに遮音カーテンをかける

次にご紹介する対策は、夜間に文鳥の飼育カゴにカーテンをかけてあげる方法です。カーテンをかけることで文鳥は暗い中で快眠をとることができ、夜間に文鳥が目を冷まして泣き出してします可能性も低くなります。

文鳥が寝ていても、飼い主さんがトイレにいくときなどに電気をつけてしまうと、文鳥も目を覚まして鳴き出してしまうかもしれません。そこで夜間に電気をつけても文鳥が目を冷まさないようにカーテンをかけてあげることもおすすめの対策になります。

またカーテンには多少ですが防音効果もありますので、万が一文鳥が鳴き出してしまっても鳴き声を消音してくれるメリットも期待できます。

どうしても鳴き声が気になるという方は遮音カーテンを使ってあげるとより有効な対策になりますね!

   

文鳥の鳴き声対策をして近所迷惑にならないようにしよう!

いかがでしたでしょうか。文鳥をペットとして飼育していると鳴き声はどうしても気になってしまいますよね。文鳥の鳴き声はそれほど大きな音ではありませんので、ある程度防音対策の取れているマンションではあまり気にする必要もないかと思います。

ただアパートなどではどうしても隣の部屋の音って漏れやすいですよね。そんな時は上でご紹介した文鳥の鳴き声対策の方法をぜひ試してみてください。

どちらの対策も文鳥の鳴き声対策として効果が大きい方法になりますので、文鳥の鳴き声もきっと抑えることができますよ!

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


こちらの記事も合わせてどうぞ